ご挨拶


C84に来ていただいた皆様、ありがとうございました!!&お疲れ様でした!!
サークル 「玄能寺門前茶屋」のドンブリ勘定奉行、池田です。

かつてないほどの酷暑でしたが、皆様無事乗り切れましたでしょうか?
平日の月曜という社会人には厳しい日付かつ、小竹田先生のASSAULT KNIGHTとも参加日がバラけないという、日程面でもなかなかハードルが高かったかと思います。
そんな中買いに来ていただいた皆様には、本当に頭の下がる思いです。


そしてそして、ドラマCDはお楽しみいただけたでしょうか?

第三弾は短編x3の構成となっていますが、「ノリと勢いのギャグ話」「後半でチョットしんみりする話」「なんでもアリの番外編」と、なかなかバランスのとれた1枚に仕上がったと自負しております。
あと、河太郎&河次郎の破壊力がハンパないです。
なんというか、いかさまの収録に立ち会うと耳が肥えます。いやマジで。


さて、末筆ではありますが、ツオルコフスキー・クレーターよりも広大な心でGoを出してくれる小竹田先生、一同人サークルの依頼にプロの仕事で答えてくれるスタッフ&キャストの皆様、そして本作をお買い上げくださった皆様に、心よりの感謝を。

ありがとうございました。


 ・
 ・
 ・
次回作、そんな先のことはわからない...